ページトップへ戻る

広島で芸術(アート)に触れるなら展示用貸しスペース横川創苑(よこがわそうえん)
横川創苑・横川創荘 > お知らせ > 展覧会 > 常設展示ー向井陽子特集ー
イベント
常設展示ー向井陽子特集ー
2018.05.08

5月中旬から1ヶ月ほどは常設展となります。
今回は「向井陽子特集」
横川創荘作家として横川に活動拠点を構える彼女の作品を展示販売致します。
ーーーーーーーーーーーーーー
常設展示 —向井陽子特集ー
2018/5/11(金)~6/19(火)
11:00-19:00
(水曜+不定休・最終日は17:00まで)
ーーーーーーーーーーーーーー


今回は近年取り組んでいる広島県の大竹和紙を用いた「空と海のとけあうところ」シリーズと、横川の景色を版画で描き出した「横川日記」シリーズを中心に展示致します。また、今年結成されたばかりのデザイナーとのユニットESTAMPAの紙雑貨や、夏に向けたTシャツなどのグッズも販売致します。

横川商店街劇場をはじめとする横川のアートイベントの数々は
彼女なくして成立しない、というほどの活躍ぶりです。
ぜひこの機会にご覧ください。

※なお、本展示は常設展示として開催のため、水曜日以外にもお休みをいただくことがございます。
詳しくはカレンダーをご確認の上、お間違えのないようお越しくださいませ。

【向井陽子 略歴】
YOKO MUKAI
1980年広島県生まれ。
2006年広島市立大学大学院芸術学研究科絵画専攻(油絵)修了。
2011年より横川創荘(広島市)にて版画工房を構える。
主な個展にlettre向井陽子版画展 抱 le four sous les toits(広島市・広島/2018年)、向井陽子「横川日記」展 横川商店街各地(広島市・広島/2017)、向井陽子展 横川創苑(広島市・広島)など。
グループ展も数多く出品。
2017年にはグランドプリンスホテル広島のプリンスクラブフロア及びラウンジの作品を手掛ける。
現在は版画制作をメインとする傍ら、横川での芸術イベントやワークショップなどにも積極的に参加。
2018年にはデザイナーとのユニット、ESTAMPAを結成。
大人が楽しめるmade in YOKOGAWAの紙雑貨を制作するなど、活動は多岐に渡る。